aquabidなるものを知り やってみる

ロロフィア系の卵生メダカが大好き

しかし
日本では入手困難>、あぁ困った、困った…
KCJの掲示板とかで
www.aquabid.comって海外の生体オークションを知った

特にキリーフィッシュ(卵生メダカ)のオークションがある

アクアビット キリーフィッシュの術



成魚 稚魚 卵 といった日本では手に入らない種類が格安でゲットできるのだが

問題が
海外と取引するので英語アレルギーが勃発
昨今のインターネット 普及でエキサイト翻訳などを活用すれば
それなりに取引が出来るようです


航空便で届くのですが
貨物室の中は冷凍庫…
そうなんです コレってある意味 博打なんです

アメリカ ヨーロッパなどの輸出規制品 送り手が許可制?(間違 禁制品)にはいるらしく成魚 稚魚はほとんどが×
(送れたとしても冷凍庫の中をどうやって生きたまま送れるであろうか?業者はやってるのだから方法はあるのかな?)

卵であればOKとの事…

KCJの中でも活用している人がいるらしいです
吉と出るか凶と出るかはお楽しみ…

とりあえず
Scriptaphyosemion Schmitti Juarzon
Scriptaphyosemion roloffi SL 99/6
の卵を各8ユーロで落札
送料は8ユーロ
支払いはPayPalでやりました

相手はBulgariaの人です

どうなるのでしょうか
届いたら ブログに乗せます

そして、USAのサイトでも見つけました
日本では滅多に見れないと思うが…

Scriptaphyosemion. liberiensis Calabaricaの卵が$14で販売されている…
問い合わせのメールをエキサイト翻訳を駆使して送ってみました
取引できれば良いな〜♪

いつも見てくれてありがとうございます。