SUGOの名物∑o(*'o'*)o

先ずは (´¬`) バックストレッチから馬の背ですか、

意外に結構な下り坂なんです(見た目より実際はさらにキツイ下りなんでしょうね) 

凄くスピード乗ります。

f:id:circular1997:20121017100007j:plain

 

私の場合、かなり安全マージンとってるんですが

4速で230kmぐらいまでは出せました。

其処から急減速させるわけですね。

エンブレかけてからフルブレーキングさせて速度を40kmぐらいまで落とすんですが、

恐ろしく怖いですね 少しカーブしてるのも自分的には恐怖をあおった感じでした。

 

f:id:circular1997:20121017090916j:plain

 

周りの方はさらに前まで加速させて突っ込んでましたし、

中にはコースアウトされた方も

いらっしゃいました。

 

それから、シケインから上りの立ち上がりですね。

シケイン手前で1速にして減速かけてから

立ち上がり途中からアクセル全開で加速かけるわけです。

上りの頂点から下る感じになるんですが

頂点の先が見えないので少し溜めてから

先の状況が把握できた状態でさらに加速させるんです

 

キッチリ、メータみて カタログ上ですと12500回転が高出力ピークなので

びびり気味の3速全開で180kmから徐々にスピードアップして

最終的にはMAX226kmまで到達してました。

 f:id:circular1997:20121017092537j:plain

 

無論 其処から急減速 かける訳ですが、

YZF-R1での走行は初めてですし クラッシュも避けたいので

 

加速はスタート/フィニッシュラインを過ぎたらアクセルオフしてエンブレかけて

フルブレーキングする様 心がけてました。

 

どちらもそうなんですが、急減速かけると 路面が良いせいですね 

リアがロックしない状態で、

フロントフォークが今までに無いくらい沈み 急制動がかかる。

 

この際 通常路面ではありえない短い距離で速度が落ちるので

感覚的なんですが、バイクは今の状態で 身体自体が 

先に行ってしまうような強烈な感覚に襲われるんです。

f:id:circular1997:20121017091802j:plain 

必ず減速出来るんですが 気持ち的に不安で 

ヘルメットの中で『とまれぇ!』って大声で叫んでました(爆)

 

レーサーの方は凄いと思いますね

こんな状態でかつ速度も出ている、

もっと言えば

MOTO GP トップレーサーは、速さを追及する過程で前輪も滑らせて曲がるんですよね、ありえんよ ・・・・

f:id:circular1997:20121017103402j:plain

 

今回参加で驚きだったのは、やはりYZF-R1ですか

2005年モデルであるのに古さを感じさせない 完成されているといいますか、技量しだいでどうにもなってくれる

未だにマシン限界を感じさせない(自分の限界は分かってますが)

倒しこみも 加速も 減速も 

もっとイケるって感じさせてくれてました。

 f:id:circular1997:20121017094231j:plain

f:id:circular1997:20121017094412j:plain

f:id:circular1997:20121017110740j:plain 

こういったイベントに参加できると 

ツーリングではありえない環境 速度で

対向車気にせずに走りに集中でき、

マシンや自分に対しての違う側面や

意外な発見があるのでもっと参加したいですね、自分的には。

 

ちなみに写真は走行後のリアタイヤです

キッチリ端まで使えてます。通常では端は使わずにタイヤ交換になるので驚きです

無論 路面状態がいいのですが

タイヤの性能のいいので 消しゴムのかすがべっとり溶けた状態の表面です。

f:id:circular1997:20121017111117j:plain

いつも見てくれてありがとうございます。