グリーンプラネットの野望 その一

さて 今回のカーズブックは

私が不在だった 某所での出来事である

尚、名称 略称はすべて事実と同じにすると

非常にまずいので仮称とさせて頂く

舞台は秋

そう、食欲の秋とも言う

 

実はこのカーズブックを記載する切っ掛けになったのは

歴史に残るであろう逸話に他ならなかった。

 

かつて、遠く北の台地で繰り広げられた物語も忘れてはならない

各者勝負をし競い合った頂点に立ったのは

当時のマッチコミッショナー

しかも勝負が初めてでスコアがわからない点と

初めてという点で

ハンディキャップが与えられて

そして優勝してしまった。

無論優勝してしまったが 周りからはブ~ブ~言われたのは言うまでもない。

無論続きがある、稀代の物語は終わらない

 

優勝者 副賞が超有名歓楽街でのスーパープレイ3回転であり

私以外の数名を除く残り全員で、店前まで、見届けてから 

全員で記念撮影したらしい。

その挙句

その場を立ち去ったらしい と言う情報が後でわかったが

本当のところはわからない。

(アホらしくて付いて行かなかったため 大体 その勝負 俺 参加していないし・・・)

 

翌日のバス内で感想を克明に報告せよ!と当時のトップが命令したのに対し

馬鹿げた趣向を真面目にやってのけた

と言う事もあった。

 

因みに私はその勝負に参加していない。

勝負中 市内観光を私を含む2人でしかもガイドさんとつけて

回ったと言うデラックスな記憶だけが残る

 

さて野望のページをめくっていこう

 

夏の日差しを受け燦燦と光を浴びた

グリーンプラネットも実りの時期を迎えていた

大切に愛され 長い時間をかけて熟成された果実は

甘い香りのする禁断の果実へと成長していった。

 

つづく!

いつも見てくれてありがとうございます。