ブレーキキャリパー アップグレードの上 シュー交換

ブレーキキャリパーをデュアルコントロールレバーST2300の

互換性をベースに105(5600系)(旧ver)にアップグレードしたわけだが

ココに来て疑問が、制動力が上がれど ウエットではどうなのだろうと

調べていくと体感したわけではないので なんとも言いがたいが 聞かないという書き込みがほとんど(´・∀・` )アラマァ

ということで

当然 タイヤのグリップも期待したいが

ココで打開策があるという

シューを上位のものに変える事ができる。

当然であるが 105(5600系)にしたお陰の恩恵

5600系に使われているR55C2に較べて

シマノの上位モデル デュラエースと同じものを装備できるということが判明

さらに つける予定の新しいブレーキシューは、5700系の105や6700系アルテグラ、7900系デュラエースに使われているR55C3 ドライで20%、ウェットでは2倍、制動性能が向上している。との謳いこみ!

早速変えますかということで

アマゾンで手配

SHIMANO(シマノ) R55C3(BR-7900)ブレーキシュー&固定ネジ(ペア)

f:id:circular1997:20130106170328j:plain

ついていたのがR55C2

 

f:id:circular1997:20130107194251j:plain

f:id:circular1997:20130107194223j:plain

交換をしてみたが

以前のに比べて 雨天走行はどういうことになっちゃうかは

後日のお楽しみという事で・・・ 

いつも見てくれてありがとうございます。