読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も行って来ました!546

今日も行って来ました!

午後から雨模様ということで

やってやるぜ!見たいなノリで

眠い目擦りながら4時おき

いかんせん、前日の社員懇親会があり

22時で締めあったので即退散しました

無駄に出費もあり余り良くなかった

 

しかし今日は行く故に楽しむために

いやな事はすべて記憶の彼方に

4時半には家を出た

f:id:circular1997:20130420044746j:plain

まず外環から関越 上信越で高速を使い軽井沢まで

しかし、先週よりも寒さが感じられ、浦和のラインドジャケットを

余計に着込んでいても、寒いんです、ぶるぶる震える状態

 

仕方がなく関越 嵐山PAにてトイレ休憩と

新聞パワー補充すべく立ち寄りしましたが

売店がやっておらず

ハンディウォーマーに着火したのみで我慢しました

 

結果、上信越 横川SAで

f:id:circular1997:20130422222251j:plain

新聞パワーを前面に装着しました。

f:id:circular1997:20130422222302j:plain

寒さゆえうどんを食べてしまったのと

f:id:circular1997:20130422222247j:plain

冷えでしょうね、おなかの按配がよろしくなく

無駄に時間を労する羽目に

さらに、寒さはタイヤにすら牙を向く

 

SAから高速に合流する道で

いつものように軽く1速でアクセルをあけ

加速させるも

 

リアが空転 あわゆく転倒しかねる状態で

車体が左右に振られる

その状態に陥ったとき

アクセルをOFFしたところ

振られる動作が収まった

何がなんだかわからない状態で

アクセルをそのままにしていたら

そのまま転倒という惨事に見舞われることであっただろう

 

路面状況は劣悪、さらには、体感温度も厳しく、

無償に寒さが和らぐことはありませんでした

ふと電光掲示板の温度表記を見てビックリ

-2℃の表記に唖然

 

路面凍結はないものの

先ほどの空転はまさに

路面が冷えているという証拠

 

ハイクリップタイヤ ブリジストンS20を持っても

グリップしない状態であったことが伺えました。

 

肝心の新聞パワーとハンディウォーマーですら意味がないこと

悟りました。

無論、上記のアイテムがなかったら、強烈な寒さで、ぞっとします。

 

昨年も同じ時期に来ていますが

今年は寒いようです。

北軽井沢のコンビニでカイロを購入する羽目に陥っていました。

f:id:circular1997:20130422223126j:plain

ただ、軽井沢ICから高速降りて 軽井沢駅、中軽井沢周辺に至る

高速ワインディングはやはり面白い道であり

時間帯もあってスムーズな走行で幕を開けたのです。

寒さを除いてね。

 

寒さゆえでしょうか、先週もそうでしたが、どこもかしこも桜が満開です。

長野原で一枚”パチリ”と

f:id:circular1997:20130420081555j:plain

さて、草津方面に向かい暮坂峠より中之条から

道の駅霊山たけやまで多くの鯉幟を堪能 一休憩の後

f:id:circular1997:20130422223224j:plain

f:id:circular1997:20130420091442j:plain

大道峠より水上 17号を経て沼田に向かい

先週の逆ルートで日光に向かい段取りで走行していた

道中 天気予報とは裏腹に、現地は晴天爽快であった

 

さすがに午前後半の時間帯に差し掛かり、車の交通量も増えてきました。

 

無理な追い越しは禁物です。

 

県道62号線は良かったが、

国道122号線はスムーズな走行が困難になってきた

f:id:circular1997:20130422223250j:plain

加えて気になる点が

次第に雲行きが怪しくなってきた

そこで

日光には寄らず、粕尾峠でショートカットすることとしたが

 

やはり上りの道は困難を極めた

酷道故に、下りはいいが

上りともなると些か玄人向けの上りに変貌する

砂利や木の枝はいいが

端はもちろんだが、メインの所々に砂が浮いているため、速度を殺しつつ走行、

冷や汗もんです。

 

そして、気がつけばこの逆ルートはほとんど走行したことはありませんでした

下りの道はきれいなもので

 

やはり栃木からの道順であれば高速 中速ワイディングがあり

ソコソコ良いのではないでしょうか?

次第に雲も厚くなり

山ノ神バンガロー周辺で休憩を入れ

f:id:circular1997:20130420115423j:plain

さらに、栃木ICに向かう

道中ヒヤリとさせる

水滴がシールドに付く様子が伺え

その後 休憩ひとつせず帰路に着くのであった

実は佐野SAでラーメン三昧をしようか!とも思いましたが

雨降られても勿体無いので

そのまま爆走し

帰路に着きました

 

明日のツーリングは中止!なので

ショップに顔を出したが

思わぬご馳走にありつけた

 

五月連休の被災地巡り泊まりツーリングの幹部会と証した打ち合わせが

先頭O氏と副先頭T氏で行うということで

O氏が篠崎駅一番の和菓子のどら焼きと

f:id:circular1997:20130422223256j:plain

T氏が地元Mのケーキを持参

ケーキ店Mについては小学校のころ店の前が通学道(通用門の隣)の道沿いであったが

なかなか食べる機会はありませんでした

そこに加わったわけ

両者様 ごちそうさま!

 

先頭O氏 GSX1300

副先頭T氏 ZZR1300

ショップの手伝いに来ていたK氏 SV650

そして私 YZF-R1

ショップの協力で

打ち合わせの結果

 

初日は常磐~磐越 小野ICで近くまで行き、

国道349&115で霊山を観光した後、相馬の漁港近くの旅館に泊まり

 

2日目は松島 瑞巌寺~青い鯉幟~復興村屋台~南三陸町気仙沼

 

3日目は気仙沼~陸前高田~釜石ラーメン食って~遠野~花巻

 

4日目は花巻~前沢牛食って東京に帰る段取り

となる様子

 

私めは2日目夕方 気仙沼で合流する手筈

宿の食事が用意できないため

夕食は食べてからの合流

 

単純に、気仙沼まで良くのであれば

そう、困難ではない、有る意味 楽勝 しかし

天候がよければアソコまでいくのだから あの場所に行きたい

また楽しみたいわけで

 

花巻まで行って、総走行距離はざっと650kmは行くはず

故に慣らしの走行が必要となるわけである

いやはや走りも堪能でしたし

思わずご馳走にもありつけたし

満足至極の1日であった。

f:id:circular1997:20130422231402j:plain

 

いつも見てくれてありがとうございます。