20130505 被災地を訪ねて236

2日目、朝食の後

ふと外に目をやると ボランティアの学生さんたちが作業をしていた

少し遅めに出発、取り急ぎ気仙沼、漁船座礁地点へ

f:id:circular1997:20130509232350j:plain

f:id:circular1997:20130509232358j:plain

f:id:circular1997:20130509232400j:plain

f:id:circular1997:20130509232403j:plain

漁船の大きさに圧倒されてしまう

f:id:circular1997:20130509232445j:plain

f:id:circular1997:20130509232448j:plain

この光景はしばらくしたら見られなくなる

撤去されてしまうとのこと

其処から国道45号線に出る

元々予定に無かったため、45号線に出るまでは先頭を行く。

 

そして、陸前高田

途中、学校が無残な形に

渡ってきた橋も2本とも津波に流され

復興の際にかけられた橋になる

f:id:circular1997:20130509232734j:plain

f:id:circular1997:20130509232737j:plain

f:id:circular1997:20130509232740j:plain

f:id:circular1997:20130509232743j:plain

山の麓まで町並みが広がっていた光景が丸ごと消えてしまっていた

1本松の保存についても賛否両論だが

この光景 見なくては議論の対象すらならない 希望の1本松

あながち、無駄ではない気がした。

海側の建物のお陰で残る事ができた様子

 

その後 ショップの奥さんのご好意で

近く 親戚の方がやっているお店で

コーヒーをご馳走になる

 

幸い、家族の方は津波の難を逃れることが出来たそうだ

嘗ての町並みは無残に失ってしまった。

f:id:circular1997:20130509233123j:plain

f:id:circular1997:20130509233125j:plain

f:id:circular1997:20130509233147j:plain

 

ここでお土産を買う

コロンビアのナイベⅢに幸せの黄色いてるぼう

ご当地 緑ヴァージョン かっぱてるぼう を取り付けてみた

お土産に 赤いのとか複数購入するも・・・・

道中落としてしまったようだ、

タイヤの生贄になってしまったのか(; ̄□ ̄;)

 

陸路 陸前高田に戻り

国道45号線より

釜石に向かう 道中 道の駅で休憩

ふかひれスープ100円で一休憩(私は昨日も寄っていたりした)

f:id:circular1997:20130509233554j:plain

f:id:circular1997:20130509233558j:plain

f:id:circular1997:20130509233601j:plain

f:id:circular1997:20130509233604j:plain

 

釜石も津波の被害をこうむった気仙沼 陸前高田と

比べてしまえば町並みが残っているが、

津波の惨状は計り知れない。

先ほどの道の駅で買い食いしまくったお陰で

お腹がいっぱいで 釜石ラーメンは食べることができなかった

中国料理の看板も影響している 

駄目なんだよな コレ 心理影響炸裂か!?

もう一人 コーヒーをご馳走になったとき ケーキも頂いた

残すのはもったいないと 仲間に押し付けられて

食べたのはいいが お腹がいっぱいで辞退

おぉ意味は違うが 同志がいた。

f:id:circular1997:20130509234027j:plain

f:id:circular1997:20130509234029j:plain

ちなみに この道路の歩道側には、

嘗てアーケードが存在した

津波で破壊されていることを忘れてはならない。

 

釜石から遠野を抜けて 花巻 大沢温泉に向かう

道中 リアタイヤの異変気がついた

 

今日は大沢温泉に泊った。食事もよかったが

温泉の温質が猛烈に最高だった!

また行ってみたいぞ!

露天は外、旅館ベランダから超丸見えです(爆)

f:id:circular1997:20130509235824j:plain

f:id:circular1997:20130509235830j:plain

f:id:circular1997:20130509235833j:plain

f:id:circular1997:20130509235835j:plain

 

いつも見てくれてありがとうございます。