姪の運動会 そして Windows8 今までのXP&7とは 恐ろしく別物と言う事を触って感じた。

弟が以前から家のPCがヤバい

買え換えたい

インターネットしかやらないから

安いのでイイ 出来れば前みたいに無線LAN化したい

 

姪の運動会あるから来た時に

購入の立会い(性能とかわからないから)から設定迄を頼むと・・・

 

姪の運動会はミラーレス一眼カメラ 野外撮影初(数年前に購入したもの)で姪を激写してた

その運動会 終わってからケーズデンキに 

39000円のノートPCと5000円の無線ルーターを購入。

 

其処からだ苦難の道のりが始まったのは

 

恐ろしく苦戦した まずWindows8 あえて言おう 今回初めて触った

XPや7と恐ろしく考え方が違う、恐ろしいまでに 思考が違うんだな 

ノートPC自体は初期導入だから複雑な設定はいらないが、

初歩的な操作が苦戦

 

さらに輪をかけて難しくさせたので無線ルーター

 

BUFFALO QRsetup 11n/g/b 300Mbps 無線LAN親機 WHR-300HP2

BUFFALO QRsetup 11n/g/b 300Mbps 無線LAN親機 WHR-300HP2

 

 

2時間掛かった(´Д`;)ハアハア

WHR-300HP2無線ルーターこの馬鹿チンが 

 

有線接続でインターネット画面からhttp://192.168.11.1と入力しても 

インターネット繋がりませんと 

設定画面の手前 IDとPs入力画面が出てきやしねぇ

試しに無線接続させるため

設定値を入れてみたらWiFi接続は出来るじゃないの

 

接続設定がされてないからインターネットが繋がらない

あたりまえか

 

接続設定させろ この馬鹿チンが

仕方ないので

http://192.168.1.1とか入力してたら

http://192.168.1.3で入力をしらた

設定画面手前の入力画面まで到達できた

はぁ?どうなってんのコレ

中身を見てみると

 

どうやら

背面にAutoというスイッチが曲者で

勝手にルーターではなくブリッチ接続させていやがる

 

設定画面はブリッジの設定画面であった

 

この家の接続環境がまた不思議なんだよなぁ

 

光終端末装置からNTT貸し出しのルーターのはず

本来はコレがルーターなんだが

試しにこのNTTルーターにLANケーブルで有線接続して 

ネット接続できるかやってみたが 

インターネット 繋がりません だってさぁ

 

接続設定されていないと言う事だね

 

背面を再確認、光電話のケーブルとLANケーブルで

さらにバッファローの有線ルーターに接続されていた

NTTのサービスマンがそういう設定をしていった様子

シロート相手に滅茶苦茶な環境だよな

光電話が無ければ、絶滅させてやるよ 使えないNTT製ルーター

俺だったら こんな暴挙はさせない(事実 私は絶滅させたがね) 

 

NTTルーターの接続設定させるIDとPSが不明なんだよ

一切資料が無い と言うことらしい

 

そこで、掘り下げて調査してみると

末端のバッファローの有線ルーターに

設定値が入っていることを確認

 

無線ルーターの背面スイッチを《ルーター》にして

いま一度有線接続し

http://192.168.11.1

ポチっと・・・・

設定画面に繋がった

 

設定データーを入れると、すんなりネット接続できた

更にWiFi接続も、すんなり移行した。

コレにかなりの時間を食われた

 

違う、問題も発生してる。

姪が いつものごとく 寝ないので

訳わかんない状態に陥っている

運動会で疲れたことも影響

なにせ病み上がり

2日間熱で休んでいたと言うから驚きだった

 

恐らく何かのタイミングで大泣きするんだよなぁ

さっきまであんなにニコニコだったのが

かなり不機嫌になってる

誰かに八つ当たりをしたいみたい 

そう特に俺には厳しい態度ですよ まったく。

 

こういう場合そっとしておく事、直ぐに退散するに限る。

 

退散する前に、使い方について弟にレクチャー

 

まずは、電源の入り切り

そして、インターネットの接続の仕方を伝えた

 

”俺も今日始めてWin8は触ったからね、以前のXPとは別物として接した方がいいよ”

”後は来週 うちに来た時にでもノートPC持ってくればいいんじゃねぇ”

”その場で何か、したいことがあれば 調べて伝える事もできるし”

”今まで使っていた半壊しているノートも持ってくれば、その場で分解して

HDD抜き出して、データー移行させられるからね、直接接続できるケーブルとかあるからさ

そうすれば捨てることは簡単だよね”

 

そして退散したのであった。 

いつも見てくれてありがとうございます。